薬剤師が転職をする時に「転職時期」というのが非常に重要なことをご存知でしょうか?

もちろん転職はいつ、どんなタイミングでもすることができますが、そのタイミングによって労働条件や待遇が大きく違ってしまいます。

仕事というのは一度転職をすればそう何度も繰り返すものではありませんから、1度の転職が非常に重要になってきます。

ここでは薬剤師の転職時期はいつがいいのか?

また転職をする時に非常に重要になるポイントについてご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

最終更新日:2019年9月20日
 

薬剤師転職時期はいつがいいの?

薬剤師が転職をするにあたって一番良い時期。

それは薬剤師求人が多い時期です。

何月、というものではなく、薬剤師不足が深刻になっている時こそ薬剤師が転職するのにベストな時期といえます。

実は今がまさに薬剤師の転職時期としてはベストなタイミングといえます。

これまでも薬剤師は不足していると言われてきましたが、今が一番深刻になっています。

するとどうなるか。

今、企業はなんとか薬剤師を採用しようと募集の要件をどんどんあげてきています。

これまでにないほどの好条件、高待遇の薬剤師求人が急増しているのは、それほど薬剤師の採用に企業が苦戦しているからなのです。

もちろんこれらの求人は一般公開されていません。

好条件高待遇の求人は、他の企業や既存の従業員にわからないように「非公開求人」を取り扱っている薬剤師専門の転職サイトにのみ掲載されています。

企業はなんとかひとりでも多くの薬剤師に関心を持ってもらおうとどんどん給料を上げていますし、どんどん職場環境など労働環境の改善をしているのです。

 

 

 

薬剤師の転職準備はいつからするべき?

薬剤師が転職の準備をするのは転職を考えた時からでいいのでしょうか。

いえいえ、薬剤師に限ったことではありませんが転職の準備は常にしておくことが重要です。

なぜなら、いつどんなタイミングで自分の希望にあった求人が掲載されるか分からないわけです。

薬剤師の転職についてはいくつかの重要なポイントがありますが、これらも大きなポイントのひとつです。

・今どんな条件で求人が出されているのか

・自分の希望にあった求人がどれくらいあるのか

・良い条件の求人、悪い条件の求人とはどんなものなのか

これらの情報を事前に知っておくことで、いざ自分が転職を考えた時に閲覧している求人が良い条件か悪い条件かを判断することができます。

逆にこれらの情報を知らないまま転職活動をすると、条件の良くない求人に応募して良くない条件で転職をしてしまう可能性が高くなります。

もちろん可能であれば事前に転職用の履歴書や職務経歴書の準備もしておくとベストです。

求人というのはその時のタイミングだけでみても良し悪しの判断ができません。

なので、毎日ではなくてもせめて月に数回は求人を見て情報を知っておくことは非常に重要なのです。

 

例えば常に求人が出てる企業というのは何かしらの問題がある可能性が高いです。

定着率が悪いということは、職場環境が悪かったり、常に人材不足ということはそれなりの理由があるわけです。

しかし、その時のタイミングだけ求人を見るといつも出ている求人なのか新しい求人なのかも分からず応募してしまうことになります。

このような転職失敗のリスクを避けるためにも情報は定期的に仕入れておいた方が良いのです。

つまり、今すぐ転職を考えている薬剤師はもちろん、まだ転職は考えていないという薬剤師も、今どんな条件で求人が出ているのか。

また、あなたの希望条件に合った求人はどれくらいあるのかを確認しておくことが大切です。

 

 

転職前に希望条件をまとめておこう

定期的に求人情報を確認することも大事ですが、合わせてあなたの希望条件についても事前にまとめておきましょう

そんなの転職する時に考えればいいや、と安易に考えてはいけません。

いざ転職をする時に、求人を選ぶ基準がなければどの求人があなたの希望とマッチしているのかを把握できなくなります。

まずは希望条件をまとめてみましょう。

・どんな職種が良いか(どんな仕事をしたいか)

・給料はいくら欲しいか(最低ラインを決める)

・休みは土日が良いのか、平日でも良いのか

・月に休みはどれくらい欲しいか

・通勤時間はどれくらいが良いか

・どれくらいの規模の会社が良いか

最低でもこれくらいの希望条件は事前に箇条書きにしておきましょう。

そして求人を見た時に、あなたの希望条件にどれくらい当てはまっているかを比較してみましょう。

当てはまる求人があまりに多いようであれば、より希望条件を上げても良いでしょうし、逆にあまりに少ないようであれば妥協できる条件をもう一度考えた方がよいでしょう。

事前にこれらの条件をしっかりと定めておくことで求人をみた時の基準ができます。

まずは簡単に自分の中で希望条件を考えて、実際に非公開求人を確認してみてください。

あなたの希望条件に合う求人が今現時点でどれくらいあるのかを確認してみましょう。

 

 

 

転職時の履歴書の書き方について

薬剤師に限らず転職時期には履歴書や職務経歴書が必要になります。

最悪、面接前に書いても良いですが、事前にある程度自分の職務履歴を把握しておくことで自分がどれだけのステータスを持っているのかを把握することができます。

履歴書や職務経歴書の書き方は、ただ勤めた会社を書くだけでは足りません。

その会社でどのような仕事に従事し、どんな経験をして、どんなことを学んだのか。

これらを丁寧に書くことであなたがどれだけのスキルを持った薬剤師なのかをアピールすることができます。

また、ここが重要なポイントなのですが、履歴書や職務経歴書を書くときは、自分の履歴をアピールするだけでなく、あなた自身がこれだけの経験をして、こんなことを学んだので応募先企業の求人に関して「御社の求人には私の経験や知識を活かすことができ最適ですよ!」とアピールすることも忘れずに書きましょう。

つまり「御社の求人にぴったりの人材は私なんです!」とアピールすることが重要なのです。

これがあるかないかで印象はかなり違ってきますよ!

 

 

 

薬剤師が退職を伝えるタイミング

これは薬剤師に限らず一般の職種でもいえることなのですが、退職の意思を会社側に伝えるタイミングというのは非常に重要です。

まず、退職をする時には可能な限り事前に次の転職先から内定を貰ってから退職を伝えるようにしましょう。

退職をしてから転職先を探すというのは危険です。

それは収入が途絶えたことによる焦りから、それほど良くない条件の求人や希望条件を妥協して応募してしまう可能性があるからです。

なので事前に転職サイトの求人をチェックして、より良い条件で転職できるように準備しておくことが大切です。

退職を告げるタイミングは「ボーナスを貰ってから」と考える人は多いと思います。

しかしボーナスの査定前に退職の意思を伝えるとボーナスが全然貰えなかった!なんてケースもあります。

企業も退職する人材に対してボーナスを多く払いたくない、と考えるのは想像ができると思います。

なので退職を伝えるタイミングはボーナスを貰った「後」の方がまだ良いと思います。

そのタイミングに合わせて転職活動をすることをオススメします。

 

 

 

薬剤師は転職の時にスカウト受けるべき

これも薬剤師に限らず一般の職種でも同じですが、今は転職をするときは転職サイトに登録して転職することが一般的になりました。

特に薬剤師の場合は専門の転職サイト、かつ非公開求人を取り扱っている転職サイトに登録することをオススメします。

(好条件高待遇の求人が多いからです)

転職サイトを使うメリットですが、求人数が多く比較しやすいというのも大きなメリットですが、もうひとつ大きなメリットがあります。

それは「スカウト機能」です。

スカウト機能とはほとんどの転職サイトにある機能で、無料登録をすると「こんな好条件の求人がありますがどうですか?」というエージェントからの紹介や、企業から直接「うちの会社に応募して貰えませんか?」というスカウトを受けることができます。

この場合、もちろん採用率が非常に高くなります

「来て!」と言われているわけですので当然といえば当然ですが。

またスカウトや紹介を受けた場合、給料や条件などの交渉をすることも可能です。

それらの交渉は自分でするのは難しいと思いますが、エージェントを使えば張り切ってどんどん交渉してくれます。

このスカウトを利用することで、出されている求人の条件よりも良い条件、良い待遇で転職をすることができるので、薬剤師が転職をするときはぜひこのスカウトを利用するようにしましょう。

 

 

 

 

薬剤師の転職に役立ててください

いかがでしたでしょうか。

薬剤師の転職時期についてや転職準備について、また履歴書の書き方や退職を伝えるタイミングなど薬剤師が転職をする時に知りたい情報をできるだけ簡潔にまとめてみました。

薬剤師で転職を考えている人はもちろん、まだ今すぐには転職を考えていない人も参考にしてもらえればと思います。

薬剤師転職時期はいつがいいの?

薬剤師の転職準備はいつからするべき?

転職前に希望条件をまとめておこう

転職時の履歴書の書き方について

薬剤師が退職を伝えるタイミング

薬剤師は転職の時にスカウト受けるべき

薬剤師転職時期

ページの先頭へ